Event is FINISHED

The 2nd Scienc-ome XR Innovation Hub Vitual Forum ~越境し共創する研究シーズの発掘と事業開発~

Description
The 2nd Scienc-ome XR Innovation Hub Vitual Forum
~越境し共創する研究シーズの発掘と事業開発~
https://www.scienc-ome.com/sxr

研究は面白い!!!
常識や想像を超える世界初の事象を目の当たりできるだけではなく、大学、行政、企業などあらゆる研究が好きな仲間と一緒に世界を変えるかもしれない。

Artificial intelligence(Ai)、ナノ材料、海洋微生物学、エネルギー科学、合成生物学、老化など研究領域の明瞭な境界線は現代科学において消失しつつあります。SDGs(持続可能な開発目標)を含む地球規模の課題に挑戦する研究であるほど既存の概念に囚われない発想と、研究者だけでなく企業、行政、投資家、スタートアップなど多様なステークホルダーの強固な連携が求められています。しかしながら、呪術廻戦「領域展開」のように、狭く、周りから入り込めない世界の中で研究が行われているのが実態かと思います。

 “Science Without Borders”。これは30年余りの歴史で28人ものノーベル賞受賞者を輩出している卓越した国際プロジェクトであるHuman Frontier Science Program(HFSP)が掲げる理念です。本会では、研究領域はもちろん、国境、性別、年齢に加えてvirtual reality(VR)を用いることで、時間と空間を含めたあらゆる”Borders”を超えた研究チームおよび研究プロジェクトの構築までをハッカソン形式で行います。また、Realityの良さも活かしつつ、仮想空間と連携することでCross-Reality(XR)を実践し、 “Science Without Borders”の一つの好事例として展開したいと考えております。

 高校生や大学生も、研究者や企業人も全員で一緒に考える

まずは、世界初のXRを使った研究ハッカソンの化学反応と、そこから生まれる新しい教育、プロジェクト、国際共同開発の形を一緒に楽しみましょう。

【プログラム】
5月15日(土)
 9:00-9:35 開会・ハッカソンの説明
 9:35-10:00 講演:早稲田大学 村瀬 俊朗氏「新しい価値を創造できるチーム作り」  
 https://jinjibu.jp/article/detl/keyperson/2390/
 10:00-12:40 ハッカソン Day1
 13:00-13:25 午後の部開会
 13:25-14:00 講演①:究極の生細胞内イメージング
        中野明彦氏(理化学研究所・光量子工学研究センター副センター長)
 14:00-14:20 講演②:中高生市場の可能性と今後の「教育・育成」の在り方
        ―総合型選抜入試の拡大と求められる能力―
        小嶋彗史氏(株式会社Unpacked代表取締役会長)
 14:30-15:05 講演③:科学とアートと教育の融合で、海洋環境の現状を伝える
        パトゥイエ由美子氏(Tara Océan(タラ オセアン)財団 事務局)
        アゴスティーニ・シルバン氏(筑波大学下田臨海実験センター)
 15:05-15:25 講演④:だから脳はやめられない
        河崎洋志氏(金沢大学医学系 教授)
 15:25-16:00 講演⑤:問いを問う
        宮野公樹氏(京都大学学際融合教育研究推進センター 准教授)

5月16日(日)
 8:00-10:30 ハッカソン Day2
 10:30-12:00 ハッカソン発表会
 12:00-13:00 表彰式
         Philosophy賞
         Innovation賞
         SXRハッカソン大賞
         アブストラクトアワード
        クロージング
         足立剛也氏(医師/皮膚科専門医/アレルギー専門医)
         佐田亜衣子氏(熊本大学 国際先端医学研究機構)


【登壇者情報】

村瀬俊朗氏(早稲田大学商学部准教授)
2011年、University of Central Floridaで博士号取得(産業組織心理学)。Northwestern UniversityおよびGeorgia Institute of Technologyで博士研究員(ポスドク)をつとめた後、シカゴのRoosevelt Universityで教鞭を執る。2017年9月から現職。専門はリーダーシップとチームワーク研究。


中野明彦氏(理化学研究所・光量子工学研究センター副センター長)
東京大学大学院理学系研究科教授、理化学研究所光量子工学研究領域チームリーダー。ライブイメージングなどの多角的な手法を用いて細胞の膜交通のメカニズムを探究する。その研究を評価され、2000年の井上学術賞、2012年の文部科学大臣表彰・科学技術賞など数々の賞を受賞している。国立予防衛生研究所(現国立感染症研究所)、カリフォルニア大学バークレー校留学などを経て現職。



小嶋彗史(株式会社Unpacked代表取締役会長)
1997年8月12日生まれ(23歳)
大学1年時から就活。「知恵も金もコネもない0の状態」から半年で延べ250社の企業と対話し、当時19歳ながら複数企業に勤める。現在は「高校生が高校生のために」という理念を掲げた株式会社Unpackedにて代表取締役を務めながら、次世代の中高生に対する教育の在り方を社会に対して発信している。



パトゥイエ由美子氏(Tara Océan財団 事務局、一般社団法人TARA JAPAN 事務局長)
費留学。大学卒業後は、一貫してフランス企業の日本支社、数社に勤務。フランス大手化粧品会社の日本支社では、17年弱、管理部門管理職を歴任。企業の社会的責任や、企業活動が環境に与える影響について深く考えるようになる。
社会課題、特に、地球環境問題の解決、改善に少しでも貢献出来る仕事を志し、2019年3月より現職。2020年10月から11月の約4週間、Tara JAMBIOマイクロプラスチック共同調査で西日本の海洋調査に同行。(プライベートでは、15歳の娘の母。昨年「みみずコンポスト」を始めるなど、なるべく環境負荷を抑えた生活を模索中。)



アゴスティーニ・シルバン氏(筑波大学下田臨海実験センター 生命環境系助教)
2005年にマルセイユ海洋センターで修士号を取得。2005年に静岡大学で博士号を取得するために来日し、造礁サンゴの生態生理学について研究。2009年静岡大学で博士号(理学)を取得し、静岡大学および琉球大学などで博士研究員の職に従事。2012年より、現職。
最近の研究のテーマは、気候変動、海洋酸性化、その他の人為的ストレス要因が、海洋生物の生態と生理学に与える影響で、特に熱帯と亜熱帯におけるサンゴに焦点をあてている。研究アプローチは、フィールドワークと実験室研究を組み合わせたもの。タラ号太平洋コンソーシアムの科学コーディネーターでもあり、Tara Océan財団 日本事務局 一般社団法人TARA JAPANの理事であり、日本列島沿岸のマイクロプラスチック汚染に関する、Tara JAMBIO マイクロプラスチック共同調査をリードしている。



河崎 洋志 氏(金沢大学医学系・教授)
1998年 学術振興会特別研究員PD
1998年 京都大学再生医科学研究所・助手(笹井芳樹研究室)
      ES細胞からドーパミン産生神経細胞への試験管内分化誘導法(SDIA法)の樹立
      ES細胞から網膜色素上皮細胞への試験管内分化誘導の確立
2002年 Howard Hughes Medical Institute研究員
      Duke University Medical Center(Lawrence C. Katz研究室)
2004年 東京大学大学院医学系研究科・特任准教授
2006年 科学技術振興機構(JST)・さきがけ研究者を兼任
2013年 金沢大学・医学系・教授


宮野公樹氏(京都大学学際融合教育研究推進センター准教授)
学問論、大学論、(かつては金属組織学、ナノテクノロジー)。96年立命館大卒業後、カナダMcMaster大学、立命館大,九州大学を経て2011年より現職。総長学事補佐、文部科学省学術調査官の業務経験も。現在、国際高等研究所客員研究員も兼任する他、研究・イノベーション学会理事。1997年南部陽一郎研究奨励賞、2008年日本金属学会若手論文賞、他多数。2019年所属組織の事業が内閣府主催第一回日本イノベーション大賞にて「選考委員会選定優良事例」に選出。前著「学問からの手紙—時代に流されない思考—」(小学館)は2019年京大生協にて一般書売上第一位。論考「産学連携の形而上学」2020現代思想10月号記載は、朝日新聞論壇委員が選ぶ今月の1冊に選出される。近著「問いの立て方」(ちくま新書)は発売一ヶ月で重版。




【開催パートナー】
主催:一般社団法人慶應反分野的サイエンス会(ASG-Keio)
   一般社団法人/米国501(c)(3)NPO法人海外日本人研究者ネットワーク(UJA)
共催:(予定含む)
   (ボストン) ロングウッドで朝食を~Breakfast at Longwood~
   (シカゴ) ノースウェスタン大学日本人研究者の会 (NUJRA)
   (ロサンゼルス) Southern California Japanese Scholars Forum (SCJSF)
   (東京) 慶應義塾大学イノベーション推進本部、CIC Tokyo、 
     慶應義塾大学病院臨床研究推進センター
   (京都) 京都府、京都府立医科大学
後援:(予定含む)
   在アメリカ合衆国日本国大使館、東京都、つくば市、科学技術振興機構 (JST)、
   研究大学コンソーシアム (RUC)異分野融合タスクフォース、
   世界トップレベル拠点形成推進センター (WPI)、
   京都大学学術研究支援室 (KURA)
   つくば市、国立研究開発法人産業技術総合研究所
協力:厚生労働省政策研究班免疫アレルギー疾患研究10か年戦略次世代タスクフォース
    (ENGAGE-TF)、XPLANE
XR Partner:Microsoft Project Users Forum (MPUF)、株式会社メディプロデュース
SDGs Partner:NPO法人ケイロン・イニシアチブ
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#1000638 2021-05-07 10:04:59
May 15 - May 16, 2021
[ Sat ] - [ Sun ]
9:00 AM - 1:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
観覧 FULL
Organizer
CIC Japan
2,049 Followers

[PR] Recommended information